top of page

沖縄の発展場、ゲイ温泉、ビーチハッテン場の情報攻略を探る

ユニークで革新的なコンセプトであるGayifierは、「ゲイ」と「検証者」という用語を組み合わせて、ゲイ男性専用に設計されたプラットフォームを作成する。 体験検証後のゲイサウナやゲイマッサージ、ゲイクルーズスポットなどの情報共有に専念しています。 私たちのゲイフォーラムはまた、ゲイのソーシャルシーンに関する最もホットなニュースやトピックについても議論します。そのため、あなたは起こっているすべてのことを最新の状態に保つことができます。 Gayifiersのコミュニティに参加し、Gayifiersを通して私たちが提供するアドバイスと洞察から相互に利益を得ることを始めましょう!

沖縄のゲイ温泉

内に大きなプールがある公衆トイレは、浦添の湯ならではの爽やかな体験を提供します。 沖縄のゲイ温泉。
スポーツパレスジスタス浦添で日本語のテキストと女性の写真が掲載された宣伝広告看板。

浦添の湯

平均評価 4.5 /5

ハッテン比率

「浦添の湯」は浦添市に位置し、ジスタス浦添スポーツクラブの3階にある温泉施設です。この温泉は地下1500メートルから湧き出る天然海水を使用しており、非常に珍しい温泉施設です。約800万年前の地殻変動で閉じ込められた海水を楽しむことができます。温泉施設にはフィットネスセンターやプールも併設されており、多くの若くて元気なお客様にも人気です。また、地元のゲイコミュニティの拠点としても知られており、沖縄のゲイコミュニティにとって重要な温泉施設となっています。午後3時から午後7時までの時間帯は、ゲイの友人を作りやすい最適な時間帯となっています。

  • 料金:800円(1時間) 1,200円(無制限)

  • 営業時間:平日 10:00〜22:30、土曜・日曜・祝日 10:00〜21:30

  • 休業日:毎月第2・第4週の月曜日(第2・第4週が祝日の場合は翌火曜日に順延)

  • 住所:沖縄県浦添市沢岻2-23-1

  • 電話番号:+81-098-878-1122

  • ウェブサイト:https://www.xystus.okinawa/

猿人の湯

平均評価 3.5 /5

ハッテン比率

猿人の湯自然温泉の入口には漢字で目立つ看板があり、「バブーン」と訳される。

「天然温泉猿人の湯」は、沖縄県南城市にあるユインチリゾートホテルに併設された日帯(ひたい)温泉施設です。ここでは温泉が源泉から直接湧き出しており、加熱や加水、ろ過処理を経ずに自然のままの温泉をお楽しみいただけます。車で「南風原南IC」から約15分、または那覇バスターミナルからバスでアクセスすることもできます。猿人之湯は沖縄で近年人気のあるスポットであり、特に夜の8時以降には多くの人が訪れます。

  • 料金:1,850円/持参先巾1,450円 レンタル:バスタオルセット

  • 交通:那覇バスターミナルから沖縄バス39番、40番、309番、399番、東洋バス37番に乗車、約60分

  • 営業時間:06:30-23:00

  • 住所:沖縄県南城市佐敷新里1688

  • 電話番号:+81-098-947-0112

  • ウェブサイト:https://www.yuinchi.jp/hotspring/

沖縄健康サウナ

平均評価 3.5 /5

ハッテン比率

沖縄健康サウナの広々とした部屋。大きな浴槽とシャワーでリラックスして清潔に。 沖縄のゲイ温泉。

「沖縄健康サウナ」は那覇市に位置する桑拿と温泉施設です。内部はすべて抗菌・抗酸化効果を持つ量子水を使用しています。人気のある薬湯や毎日変わる特別湯の他に、遠赤外線サウナや保湿効果のある蒸気サウナも提供しています。リラックスに関しては、スクラブ、マッサージ、本格的な台湾式足底マッサージなど、さまざまな選択肢があり、心身の緊張を解きほぐすことができます。また、夜の20:00頃から閉店時間22:30までの間には、退勤した方々が訪れることが多く、ここに来るゲイの多くは熊系や筋肉系です!

  • 料金:1,400円

  • 営業時間:08:00-22:30(火曜定休)

  • 住所:沖縄県沖縄市与儀3丁目10-20

  • 電話番号:+81-098-923-2357

  • ウェブサイト:http://okinawa-kenkousauna.com/

天然温泉
りっかりっか湯

平均評価 4 /5

ハッテン比率

りっかりっか湯の銭湯。 沖縄のゲイ温泉。

「Rikkarikka-yu」(りっかりっか湯)は那覇市中心に位置するスパ施設で、県内最大の大浴場を備えています。露天温泉のほか、「水しぶき浴」と呼ばれる全身マッサージ効果のある浴槽や、ダイエット効果があると言われる「刺激浴」、コンピューター制御によるツボを刺激する「水療プログラム」、全身のこわばりや痛みを低周波電流で緩和する「ヘルツ浴」など、2つの異なるコンセプトの温泉を楽しむことができます。毎日、13種類の異なるお風呂やサウナが交互に利用可能です。また、「Rikkarikka-yu」(りっかりっか湯)は沖縄で非常に人気のあるゲイの集まりの場でもあり、ピーク時には通常、午後2時から5時と夜8時から10時の2つの時間帯になります。蒸気室、塩蒸房、そしてより大きな円形の温泉プール(スパ機能のないプール)などが、ハッテン的な空間として利用されています。

  • 費用:1,100円

  • 交通:沖縄都心のモノレール「牧志」または「美栄橋」駅から徒歩5分

  • 営業時間:06:00〜23:00(火曜日休業)

  • 住所:沖縄県那覇市牧志2-16-36

  • 電話番号:+81-098-867-1126

  • ウェブサイト:https://www.nahacen.com/rikka/

沖縄のハッテン場

沖縄のゲイサウナ「灘ソウ」チェックインエリアのトイレ、洗面台、ゴミ箱、ヤシの木の写真付きバスルーム。
沖縄のハッテン場「灘ソウ」チェックインエリアのトイレ、洗面台、ゴミ箱、ヤシの木の写真付きバスルーム。

涙そうそう

平均評価 4 /5

「涙そうそう」は那覇市にある沖縄のハッテン場です。入場は18歳から50歳の間に制限されており、長髪や酔っ払った人の入場は許可されていません。入場後、受付で登録手続きを行い、更衣室で服を着替え、その後、休憩室やダークエリアでパートナーを探すことが求められます。ロッカーキーの位置は、あなたの役割を示すものであり、右手は攻め(タチ)、左手は受け(ネコ)、足首は両方(レバ)を表します。ほとんどのゲイ発展場は店内の状況を公開しませんが、この沖縄の発展場は公式ウェブサイトで現在の客数を公表しているため、ウェブサイト上の混雑状況を参考にして入場時間を決めることができます。これは他の発展場が学ぶべき非常に良い実践です。このハッテン場は地元の人々や観光客に大変人気があり、多くの客は若くて健康な人たちです。店内では喫煙はできません。

  • 料金:入場料1500円

  • 営業時間:月曜日 休業日、火曜日 19:30 - 00:30、水曜日 19:30 - 00:30、木曜日 休業日、金曜日 19:30 - 00:00、土曜日 24時間営業、日曜日 00:00 - 00:00

  • 交通情報:モノレール美栄橋駅から徒歩約11分

  • 住所:沖縄県那覇市若狭3-2-1 2階

  • ウェブサイト:https://nadasousou.jp/?lang=tw

  • Twitter:https://twitter.com/nadasousou_2018

パイナップルハウス

平均評価 3 /5
沖縄のハッテン場「パイナップルハウス」の外観

「パイナップルハウス」は那覇市にある沖縄のハッテン場です。石川ビルの4階と5階に位置し、この地域では最大のゲイけ施設です。長い歴史を持つ発展場であるため、中年以上の方々に利用されることが多いです。施設には大浴場、サウナ、個室などがあり、歯ブラシ、剃刀、コンドームなどの日用品も提供されています。店内では軽食やアルコール飲料も購入することができます。店内への入場プロセスは、まず店内に入り、自動販売機で入場券を購入し、その後店内に進みます。タオルとハンドタオルが渡され、大浴場やサウナでパートナーを探し、個室でより深い活動が行われます。客層は20歳から60歳までさまざまであり、様々なタイプの人々が訪れます。ピーク時間は週末の午後4時までで、人々の流れが多く、若い人が多いです。

  • 料金:1200円

  • 営業時間:午後1時から午前10時まで(週7日)

  • 交通情報:モノレール美栄橋駅1番出口から徒歩5分

  • 住所:那覇市牧志2-17-44 石川ビル401(4-5F)

  • ウェブサイト:https://oki-ph.xyz/tw/

沖縄ゲイビーチ

アーチ島の矢印は沖縄のゲイビーチへの道を示しています。
アーチ島の矢印は、ゲイビーチ沖縄への道を示しています。

新原ビーチは

平均評価 null /5

ハッテン比率

新原ビーチは、沖縄県南城市玉城に位置しており、那覇空港から車で約40分の距離です。このビーチは、リゾートホテルの開発がないため、沖縄の純朴な風景を楽しむことができる、隠れた人気スポットとして知られています。新原ビーチは沖縄のゲイビーチとも呼ばれていますが、ゲイの方々は主に百名ビーチの北側に集まっています。新原ビーチへのアクセス方法は、アーチ島を経由していくことで、まずアーチ島の前の駐車場に車を停めます。ゲイビーチはアーチ島の右側に位置しているため、島を迂回して徒歩で向かう必要があります。満潮時には水が腰まで深くなることがありますので、到着前に車内で着替えることをおすすめします。新原ビーチは、沖縄では一年を通して訪れることができるゲイビーチとして人気で、地元の方や観光客のゲイの方々と出会うことができます。一般的に、人々はビーチチェアなどの持ち物を持参し、砂浜で日光浴をしながらお相手を待つことが多いです。周囲に他の人がいない場合でも、親密な行為が行われることもあります。最も人気のある時間帯は夜11時以降であり、スポーツや筋肉のある方が多数を占めています。ただし、心配な場合は、昼間に訪れるゲイの方々も多くいます。

  • 住所:沖縄県南城市玉城百名1346、郵便番号901-0603

  • アクセス方法:「県庁南口」から53番バスに乗り、「百名ビーチ入口」で下車し、徒歩約25分。または、「県庁南口」から50番または51番バスに乗り、「百名バスターミナル」で下車し、徒歩約25分。または、「那覇バスターミナル」から39番バスに乗り、「新原ビーチ」で下車し、徒歩約10分。

  • 自家用車:「那覇空港」から約40分、または「恩納市」から約30分。有料駐車場あり。

沖縄ハッテンホテル

キャビン&ホテルリタイム 那覇

一般の方々も利用できます。そのため、地元の若者に非常に人気があり、沖縄でトップのゲイハッテンホテルの一つとされています。

Rikkarikka-yu.webp

那覇セントラル

ホテル

沖縄のローカルなゲイコミュニティで非常に人気があり、ゲイの入浴場や交流の場となっており、地元の掲示板で連絡を取り合い

bottom of page